FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
春の訪れと共に、寒暖の差も激しくなっていますが
お彼岸に今年初めてウグイスの鳴き声を聞きました。
ツバメも昨年造った巣へ帰ってきて
「お帰りなさい」と言ってあげました。

日訓に「どの花も、やがて美しく花咲く時が来る」とありました。
満開の花もあれば、半開の花もある。
ふくらんでいる蕾もあれば、固い蕾もある。
しかし、どの花も、やがて美しく花咲く時は来る。
どの花が何時咲くか、
その早い遅いによって花の値打ちがきまるわけではない。
総ての花には、その花それぞれに
割り当てられた特殊の時節があるのである。

満開の椿の花に、桜の蕾がお話ししています。
P1040460.jpg

花の蕾がほころびかけると、
こちらまで顔がほころんできます。

P1040433.jpgP1040457.jpgP1040442.jpg

彼岸の後は、母の二年目のお涅槃があります。
スポンサーサイト
2015.03.27 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。